お供え・お悔やみのお花は何色?

現在バラを避けて、お色にこだわらずお花を贈られる方が多くなりました
ただ、赤は避けて淡い色だったり黄色オレンジを好まれたり・・


お色の基準は「関係性」ではないでしょうか?

もくじ

四十九日を迎えるまで・・四十九日を過ぎたら・・

会社関係の方などには、

四十九日を迎えるまでは白を基調としたお花を

四十九日を過ぎれば会社関係の方にも淡いお色でお届けされるとよいでしょう


お供え・お悔やみのお花の人気のお色

ボヌールへのご依頼の多くはバラを使わず、淡いお色で
次に人気は黄色(向日葵など)系を使用してくださいというお客様が多いです

お客さまの声

お供えっぽくないお供えアレンジ

お参りに行ったときボヌールさんのお供えアレンジを拝見いたしました
アレンジが周りのアレンジと違いひときわ目立っていて
お供えのアレンジなのに、お供えのアレンジって感じではなくお洒落でした
何かの時にお願いしようとお友達に失礼かなと思いながら
「どこのお花屋さん?」とお尋ねしました


優しく包まれたアレンジでした

私がボヌールさんのお花をいただき、「私がお花を贈るときはボヌールさんにお願いしよう」と
思った理由は、「優しさに包まれた感じがしたから」です


  • URLをコピーしました!
もくじ