BLOG

2013.11.02

生花クリスマスリースレッスン

クリスマス出張レッスンの様子

Bonheurは毎年クリスマスリース・お正月アレンジ・しめ縄制作と出張レッスンも含めて
沢山の方々にお申込みいただいています。

今年も11月中旬からクリスマスリースの販売・レッスンを始めます。

お世話になった方へクリスマスリースを贈りませんか?完成品のご予約は11月中旬からとなります。

生花のリースは香りもよく、大変人気があります。

クリスマスリースの歴史は古く、古代ローマ時代から といわれているそうです。

クリスマスリースの「リース」とは英語で「wreath」と書き、「花輪、花冠、冠、輪状のもの」を意味します。これは、ギリシャ・ローマ時代に花や枝、葉などで作った丸い輪を酒宴の時に用いたり、賞として授けたりしたことに由来するのだそう・・

 

クリスマスリースの意味ですが、
リースが“輪”であるというのは、「はじめも終わりもなく、永遠に続く神の愛」を表しています。このことから、Bonheurでは花束贈呈に「リース」をお勧めしているんですよ。

クリスマスのリースが緑色なのは、常緑樹を使うことで「農作物の繁栄」、柊の実の赤色は、「太陽の炎」、「キリストの流した血」、リボンやベルなどは「魔除け」という意味があります。
ほかにも、松ぼっくりや姫リンゴなども「収穫」の象徴とされています。

お正月に飾る“しめ縄”も“邪気を払う”などの意味がありますから、似てますよね。

つるさないリースもあります・・

アメリカやヨーロッパ、日本でも教会などではクリスマスリースを飾らずに、台の上に置いてクリスマスの4週間前から毎週1本ずつろうそくを灯し、(計4本のキャンドルを飾るのですが4の数字を嫌がるのは日本くらいですよね~)

Bnheurでは、テーブルに飾るリース、天井から吊るすリース、玄関に飾るリース色々と
制作可能です。

 

***********************************************************
Bonhuer(ボヌール)~花に恋して~
住所 福岡市早良区干隈4丁目14-9

TEL  (092)873-1834
携帯 090-9400-4139

ブーケ・アレンジのご注文は  販売サイト

NFDほか資格取得や趣味のコース、ブーケの制作
*************************************************************

 

生花クリスマスリースレッスン